世界各地を転戦するスーパー高校生

  • テニス
  • 2017.12.08

 長岡出身のスーパー高校生 内藤祐希さん(開志国際高校2年 附属長岡中学校卒)

 

今年9月にハンガリー行われた16歳以下の国別対抗戦『ジュニアフェドカップ』において、日本代表として日本勢過去最高の準優勝を果たした内藤祐希さん。

また、10月に愛知県で行われた『ジャパンオープンジュニア』ではダブルスで2連覇達成!

長岡だけでなく、日本のテニス界を背負う期待の高校生です!!

 

左から3番目(内藤祐希さん)


             

そんな内藤さんとのお話を少しだけ紹介させていただきます。

Q.遠征続きだけど学校は行けているの

アスリートコースで入学したので、学校からは「来れるときに来てね!」と言われています。学校に行くと、先生に「おー!来たね!」と驚かれます(笑)。学校に行ったときに、課題をたくさんもらってくるので、それを遠征中に終わらせています。

 

Q.海外転戦で会話には困らないですか

子どもの頃から英語教室には通っていました。海外で実際に会話をすることが一番効果がありました。附属中時代、脳科学者の茂木健一郎さんが学校に来られた時に声をかけてもらい「BBCラジオニュースを聞いて勉強するといいよ!」と言われてからは英語ラジオニュースを聞くようになりました。

 

Q.体調管理で気を付けていることはありますか

食べ物は、揚げ物や甘い物はあんまり摂らないようにしています。最近は、唐揚げも衣を取って食べたり(笑)。試合前にはアミノ酸を摂って、試合や練習の後はバナナやプロテインを必ず摂っています。睡眠時間は大会前などで変わりますが9時間は寝るようにしています。

 

Q.ルーティンはありますか

勝った試合でやったことは次の試合でもやるようにしています。例えば、試合前にグリップを替えたり、ベンチの座る位置とか、コートに入る順番も。試合前は必ず洋楽を聴いています。

 

Q.『ジャパンオープンジュニア』2連覇達成おめでとうございました。調子はどうでしたか

ありがとうございます。だけど、シングルスでは勝てるところでミスが多くて負けてしまいました。出だしが悪く、大事な場面でサーブが決まらないことが多いので、試合数をこなし集中力を鍛えて次の試合も頑張りたいと思います!

Q.目標を教えてください

今年の目標は、プロで300位に入ること。近いところでは、1月の全豪オープンジュニアでベスト8に入ること!

 

Q.最後に「長岡市民スポーツ応援団」へ一言お願いします

大変感謝しています。これだけ応援されているからには結果を出さないといけないので、頑張ります!

 


今後の日本テニス界を背負う若き長岡産高校生アスリートを皆さんで応援しましょう!

 

※11月に行われた「安藤証券オープン東京2017」において、女子ダブルスで見事優勝しました!

おめでとうございました!

安藤証券オープンHP