応援団

  • 応援団
  • 2017.11.10

スポーツ応援団発会!!長岡市民 みんなの力で全力応援!!

平成29年11月1日(水)18:30から、長岡グランドホテル悠久の間において「長岡市民スポーツ応援団」の発会式が行われました。

長岡市、長岡市議会、長岡市商工会議所など、スポーツ振興と関わりの深い機関や団体、ご支援いただいたスポンサー企業・一般会員など、約260人もの多くの方々からご出席いただきました。

      【市村輝男応援団会長】

      【磯田達伸長岡市長】

  【丸山勝総長岡市議会議長】


式典は、市村輝男応援団会長が発会を宣言した後、大きな拍手に包まれるなか、日本を代表して世界で活躍するトップアスリート、また高い目標を持って練習に励む次世代を担うジュニアアスリートたち20名が登壇。

磯田達伸長岡市長、丸山勝総長岡市議会議長からのご祝辞に続いて、応援団のシンボルマークをあしらった応援団旗が、市村会長の手から応援団長を務めるシドニーオリンピック銀メダリストで、同日に長岡市のスポーツ親善大使に任命された中村真衣さんに手渡されました。


中村真衣応援団長からは、「一人じゃない。みんなが応援してくれている」「時には応援がプレッシャーに感じるかもしれない。でも、それを自分の力、パワーに替えて戦えるアスリートになってもらいたい」とアスリートたちに向けた激励の言葉と、多くの皆さんから寄せられた激励金の目録が選手を代表して荒木宥図さんと室橋佳澄さんに手渡されると、それに応えてアスリート一人一人が今後にかける決意を熱く語り、会場からは大きな拍手が沸き起こっていました。 

荒木 宥図 (飛込)

「東京オリンピックに出場するため、日々、練習に励み、人間力を高めていきます」

 


    室橋 佳澄 (体操)

「東京オリンピックに向けて日々の練習に励み、いただいた応援を力に変えて成長していけるよう頑張ります」

 


  佐藤  凌  (陸上)

「最大の目標は東京オリンピックでのメダル獲得。まずは来年のアジア大会で結果を残し、みなさまにメダルを披露できるよう精一杯頑張ります」

 

式典に続いて行われた記念パーティーでは、応援団顧問の丸山広司長岡市議会スポーツ振興議員連盟会長の開会のご挨拶の後、丸山智長岡商工会議所会頭の乾杯によりスタート。

 【丸山広司長岡市議会
  スポーツ振興議員連盟会長】

  【丸山智長岡商工会議所会頭による乾杯】


アスリートも参加したパーティーでは、長岡市長をはじめ出席されたスポンサー会員とアスリートが直接語り合う場面があちらこちらで見られ、「するスポーツ」と「支えるスポーツ」とが融合。

    【左:佐藤凌(陸上)と磯田長岡市長】

【応援団オリジナルソング「No Border」を
  熱唱する長岡市出身アーティスト「ひなた」】


【今井富雄幹事長の「頑張りましょう!」の三本締めで盛大なうちにお開き】

 

 

 

 

 


長岡市民スポーツ応援団では、今後ホームページやスポーツ新聞の発刊などを通じ、さらなる会員の増加に努め、世界で活躍する長岡市ゆかりのアスリートを物心両面で支援していきます。

 

長岡市民

 みんなの力で全力応援!!

世界に輝く原石を

 一緒に育てましょう!!

 

〔応援団 個人会員・スポンサー会員 随時募集中!! 詳しくはこちらまで〕